電話番号お問い合わせフォームご相談の流れ電話番号お問い合わせフォームご相談の流れ

【問題社員対応】暴言などをメールしてくる元社員に対して警告文を送付し、被害が止んだ事例

問題社員対応解決事例

弁護士から警告文を送ることで、暴言や苦情メールがピタリと止まった事例

ご相談内容

A社
すでに退職した元社員が当時の上司に対して暴言などを100回以上にわたりメールをしてくる、会社宛にも20回程度苦情をメールしてくるという事態が発生しました。
どう対応すれば良いでしょうか?

解決への流れ

千瑞穂法律事務所が、その上司からお話を伺い、元社員から送付されてきたメールなどを確認したところ刑法上、脅迫や名誉毀損に該当しうる言動であることが判明しました。

そこで、その元社員に対して、千瑞穂法律事務所から、弁護士名入りの内容証明郵便で警告文を送付したところ、それ以降、元社員からの暴言等のメールはピタリと止まりました

担当弁護士からのコメント(代表弁護士 加藤 健一郎

代表弁護士 加藤
本件は元社員からの迷惑行為でしたが、類似事案としては企業の消費者(お客様)からの迷惑行為も存在します。

IT化が進み、SNSやHP上で会社や社内の人間が誹謗中傷されるケースが増えてきていると感じます。

このような場合、誰がそのような言動を行っているかの特定を行い
弁護士から警告文を送付する
刑事告訴を行う
民事訴訟を提起する
といった対応を取ることが考えられます。

暴言、迷惑行為、誹謗中傷への対応
弁護士から警告文を送付すれば、経験上かなり多くのケースで被害が止まります。早期解決のために、弁護士にご相談ください!
会社が知っておくべき「懲戒処分」を行う場合の注意点

会社が知っておくべき「懲戒処分」を行う場合の注意点

問題社員対応解決事例

【問題社員対応】役員を解任したところ、損害賠償請求を提起されたが、勝訴的和解ができた事例

こちらの記事がお役に立ちましたら、シェアボタンをクリック!